40歳 妊娠出産

MENU

高齢出産はリスクは高くなるけど・・・

40歳を過ぎてようやく結婚したのですが、主人も私も子供を欲しいと思っています。
ただでさえ35歳以上は高齢出産ということで要注意と言われますが、最近では40歳を過ぎて初産を無事済ませる人もいるようです。
もちろん20代の頃のような確率で妊娠して安全に出産できるとは思っていません。
40代になると妊娠する前に、更年期障害や早い人は閉経してしまう可能性もあります。
そうならないためにも高齢出産に向けて、金銭面でも体調面でも精神面でもできることを準備するつもりです。
私が今一番心配しているのは、卵子の老化です。
男性の精子は新しくつくり出すことができても、女性の卵子は加齢に応じて質が悪くなってしまいます。
そうなると不妊の原因になったり、生まれてくる赤ちゃんに染色体異常児のリスクも高くなります。
もちろん私自身の母体にも大きな負担が掛かり、母子ともに無事に生まれるかもしれません。
暗い話ばかり書いてしまいましたが、現実的なことなので真摯に受け止めなければなりません。
たとえ妊娠することができても、流産や早産の可能性も考えると無事に出産が終わるまで安心することはできません。
高齢出産を可能にするために、婦人科で相談しながら妊活を進めています。
無事に妊娠できるかどうか、子供ができても母子ともに健康な状態でいられるかどうか不安は付きません。
それでもやっぱり夫婦で子供が欲しいと強く願っているので、協力し合いながら頑張っていきたいと思っています。